DSpace
 

DSpace at My University >
01 大学(国際・英語学部) >
013 「大阪女学院大学紀要」 >
12号(2015) >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10775/3162

タイトル: 大学英語教育の中のジャンル分析―その影響力の検証―
タイトル別言語: Genre Analysis and its Contribution to the College English Education in Japan
著者: 東條, 加寿子
著者別言語: Tojo, Kazuko
キーワード: ジャンル分析
ESP
EAP
大学英語教育
キーワード別言語: genre analysis
ESP
EAP
college English education
出版者: 大阪女学院大学
出版者別言語: Osaka Jogakuin 4year college
利用可能日: 2016-03-18T03:10:54Z
発行日: 2016-03-18T03:10:54Z
受理日: 2015-09-30
自由記入: 研究ノート
抄録: 応用言語学の分野で様々な成果を上げているジャンル分析の手法は、高等教育における言語教育に大きな影響を与えている。本稿では、ジャンル分析を言語教育研究の広いフィールドの中で再考し、ジャンル分析が日本の大学英語教育にどのような影響や貢献をもたらしてきたかを検証する。検証の過程で、ジャンル分析の視点から ESP( English for Specific Purposes) とEAP( English for Academic Purposes) の関連性について考察し、EAPはESPの二項対立概念ではなく、ESP に内包される一主要領域として位置づけられることを明確にする。そして、大学英語教育においてEAP を実践するにあたっては、教育目的の明確化と実質化を導くジャンル分析の手法が極めて有用であることを示す。
資源タイプ: Departmental Bulletin Paper
ISSN: 1880-0084
NCID: AA12028997
掲載誌名: 大阪女学院大学紀要
号: 12
開始ページ: 17
終了ページ: 26
ページ数: 44
発行日: 2016-03-01
言語: ja
著者版フラグ: publisher
Appears in Collections:12号(2015)

Files in This Item:

File Description SizeFormat
B_02東條.pdf900.34 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2009  The DSpace Foundation - Feedback